東京都世田谷区の会計事務所。主な業務は会社設立、創業支援、決算、経理代行、顧問サ-ビス、確定申告です。

プロフィール


代表のプロフィール

代表の宮永です。
よろしくお願いいたします。

宮永 保寿
(ミヤナガ ヤストシ)

宮永会計事務所代表
税理士

東京税理士会所属 世田谷支部
税理士登録番号  116914

【出身地】東京都調布市

【血液型】O型(顔はA型っぽいとよく言われる・・・)

【高校】日大二高(オードリーで有名に)

【大学】中央大学商学部会計学科

【趣味】
・爪と歯をきれいにすること
・はじめたばかりのゴルフ
・野球(ヤクルトファン)
・競馬(ミホノブルボン、オルフェーヴルのファン)
・サッカー(イングランドファン、マンチェスターにホームステイ経験あり)
・プロレス(金曜8時の時代から)

【スポーツ歴】アイスホッケー(高校時代都大会ベスト4)

【フルマラソン完走】5時間48分50秒

【保有資格】税理士
漢字検定、英語検定、簿記全て2級

 

1974年8月25日、東京都調布市に生まれる。
幼少時代は高校野球に熱中し80年代の高校野球には造詣が深い。

高校は東京都杉並区にある日大二高に入学。
実力がないため野球はせずにアイスホッケー部に。
最高成績は都大会ベスト4・・・
といっても東京都にアイスホッケー部が7校しかなかったのですが。

その後、中央大学商学部会計学科に入学。
9校受験したが唯一受かったのが中央大学だけであったというのが入学の動機。
ただし高校3年の夏休みから猛烈に受験勉強したため、大学入学後はほとんどなにもやる気が起きない燃え尽き症候群に。
その結果、簿記2級のテストですら3回も連続で落ちるという有様。
当然、就職試験も受かるはずなく連戦連敗・・・

結局就職は建設会社に拾われる。
経理の約束であったが修行として建設現場に行かされ、鉄塔を昇る毎日。最高に昇った高さは100メートル。
決して高いところが好きなわけではないが仕事なのでできたのだろう。
ちなみに鉄塔昇って何をしていたかというとネジがしまっているかの確認と避雷針(のようなもの、正式な名前は忘れてしまいました・・・)の取付け。

1年半の現場生活を乗り切り念願の経理部へ配属。
9時から17時の生活が続き最初は楽しかったのだがだんだん物足りなくなり、経理のスペシャリストを目指そうと思い立ち税理士資格取得を目指し専門学校へ。
ここから働きながら受験勉強の生活が続く。

そして実務経験も積まなければという思いでお世話になった建設会社を退職し、会計事務所への転職を決意。

しかしなかなか就職できず・・・
会計事務所は経験者の募集が多く未経験者の私はなかなか不採用が続く。

「経験者募集ってその経験を積む場所がないじゃないか・・・」と悩む。

そして運よく国立市にある大石会計事務所に就職。

会計事務所には約10年勤務。
入所したときは8人だった事務所も退所したときには20人を超える事務所になり、税理士法人に!

その成長の過程に立ち会えたのは私にとっても大きな財産である。

私の行なってきた仕事は25件位の法人担当、確定申告、相続税申告など
とここまでは「THE 会計事務所」といった王道的な仕事であるが

他には
異業種交流会の企画・開催(最初は少人数であったが最終的には30名位集まる)、
新卒社員の会社説明会の企画・開催(約80名の応募者を集める)、
講師を招いてのセミナーの企画・開催(約200名の集客)

税理士の資格は仕事をしながらこつこつ受験勉強を続け2009年に資格取得。

そういえば・・・
税金に興味をもったきっかけといったら何だろうと思い出してみると今はもうないが昔は毎年発表されていた長者番付。
自分の好きな芸能人がたくさん納税して上位いると喜ぶ。
そのいっぽうあれだけ売れてる芸能人が何で長者番付にのっていないんだ!?と思うこともありそのようなことがきっかけで税金に興味を持つ。

そして現在2012年12月より「宮永会計事務所」を開業。
今までの500件以上の法人決算、個人確定申告や3000件以上の相談にのらせて頂いた経験をいかしてお客様の黒字経営のサポートをしている。